肩ベルトの違いを比較*彎曲する彎曲しないランドセルの違いとは

ランドセルの重さは肩ベルトを通して肩にかかります。このとき後ろに引っ張られるような力が働くと、体に合わない最悪なランドセルになります。

ランドセルのフィットで重要な機能を持つ肩ベルトについてお話します。

肩ベルトの長さに注意しましょう

 

まず肩ベルトの長さについてですが、有名なランドセルメーカーの場合は特に問題はないと思いますが、中には高学年になって成長すると肩ベルトが短くて背負えなくなるランドセルもありますそうすると、有償で修理依頼をして長い肩ベルトに交換してもらうことになります。

 

ランドセルを調べる時には、肩ベルトがどれぐらいの身長まで背負える設定なのかを聞いてみたり、ネットで調べてみてください。最低でも160センチの身長で背負えるランドセルを選びましょう。

 

肩ベルトのカーブ

 

肩ベルトといえば、天使のはねやフィットちゃんの彎曲したものを想像するのではないですか?

でも全ての肩ベルトが最初から弯曲しているとは限りません。2~3ヶ月背負っているうちに子供の肩に沿ったカーブが自然につくように考えてあるものもあります。

 

最初はカーブがついていない肩ベルトもあります

 

例えば鞄工房山本やララちゃんの肩ベルトは最初からカーブはついていません。

それに比べてフィットちゃんや天使のはねは最初から肩ベルトのカーブがついています。

 

肩ベルトに最初からカーブが付いているいないは、背負心地に関係しません。

 

最初から肩ベルトが立ち上がって彎曲しているのが良いのか湾曲してないものが良いのか、どちらが良いとも言えません

子供の肩の彎曲に合わないカーブだとしたら、最初から彎曲していない方が良いですし、その子の肩の形次第です。

 

注意する点として、カタログを見るとカーブがついていても、実際に届いたランドセルの肩ベルトにはカーブがついていないといったこともあります。

ただ、写真撮影用に肩ベルトにカーブをつけたといったこともあるのです。

カーブ(彎曲)がついていなくても、自然についてくるものですから問題はないのです。

最初から肩ベルトにカーブがついていようといまいと目的は肩にフィットする肩ベルトです。彎曲あるなしに優劣はありません。

ただ、背負い始めはどうしても自然皮革は固いので、少し馴染みにくいかもしれませんが、すぐに馴れます。

 

肩ベルトの弯曲の実際

 

ランドセル  肩ベルトの画像  肩ベルトの説明
天使のはね  20160311-20150907tensino-hane  天使のはねの肩ベルトの彎曲は、肩ベルト内の「天使のはね」という樹脂により形作られています。

それと背カンの力が加わって
彎曲を保っています。

 

フィットちゃん

 20160311-fit-katabelt  フィットちゃんの肩ベルトも25度の角度で立ち上がって彎曲していますが、肩ベルト内には樹脂は這入っていません。背カンの力だけで彎曲を保っています。
鞄工房山本  鞄工房山本の肩ベルトは彎曲していない

 鞄工房山本の肩ベルトは彎曲していません。自然に使う子供の肩の形に沿った彎曲になってきます。

背カンで彎曲させてない分、背カンへの負荷がかからず破損の原因になりません。

萬勇鞄  萬勇鞄の肩ベルトは彎曲している  萬勇鞄の肩ベルトはウイング背カンの力によって湾曲しています。
ララちゃん  20160311-20160207rara

 ララちゃんランドセルの肩ベルトは湾曲していません。

肩ベルトは、ベルバイオ5素材なので耐久性もかなりあります。

 

肩ベルトの素材

 

肩ベルトにはランドセルで一番負荷がかかります。

素材が悪いと6年間持たずに切れてしまうこともあるので、素材のチェックが大切になります。

 

ランドセル 素材
天使のはね  クラリーノ
フィットちゃん  クラリーノ
鞄工房山本  一枚の牛革なので非常に強い
萬勇鞄  タフガード
ララちゃん  ベルバイオ5

コメントは受け付けていません。